コラム詳細

これを知らんと博多で生活できんばい!

福岡の街が全面的に「博多」と呼ばれる季節、それが7月、博多祗園山笠の時期です。6月1日から博多は山笠の法被(はっぴ)を着てうろつきまわる男衆でいっぱいになります。長法被と呼ばれる当番法被は山笠期間中の正装なので、結婚式もお葬式も冠婚葬祭は全部この衣装でOK。そして博多で生活しようと思ったら、覚えなければならないのが「博多手一本」と「博多祝い唄」。会合があるたびに、協議がまとまると「異議はありません」という意味で手一本が入れられます(手締めなどの言い方がありますが、博多では手一本入れると言います)。この後には異議を唱えないという暗黙の了解があるのです。会合だけではなく、飲み会のあとでもなんでも、とにかく「博多手一本」。足を軽く開き、手は肩幅以上には広げません。そしてかけ声は「よー、シャンシャン(これが手拍子の音)、まひとつ、シャンシャン いおうて(祝うて)三度、シャシャンシャン」。この「いおうて」はほとんど「よーと」にしか聞こえません。これが入ると会合はお開きです。「博多手一本」の前に唄われるのが「博多祝い唄」で、おめでたい席では最後の締めとして、必ずといっていいほど唄われるので覚えておきましょう。15日早朝の追い山で唄われるので聞いてください。

関連写真